実家の外猫ちゃんの続報です。


母猫(ニャンちゃん・仮)は術後の経過も良好のようで、毎日ゴハンをもりもり食べに来ています。子猫たちもニャンちゃんがそこにいれば、庭で遊ぶ姿も見られるようになったそうです。


私は子離れするまでがタイムリミットと考えました。何しろ人に慣れていない💦母猫ニャンちゃんにベッタリくっついてる💦ニャンちゃんも母親らしく子猫には敏感になっているので、毎回必ず連れてくるという訳ではないのです😓


なので焦らず、保護よりまず人に慣れてもらうことを目標にしました。なにせ姿を見れば蜘蛛の子を散らすように逃げて行ってしまうのですから。


そうそう私も実家に入り浸ることも出来ないので、力でねじ伏せることは人との信頼関係を築けなくなるということだから、気長に待とうと母には伝えておきました。無理矢理抑え込めば人間に不信感しか持たない子になってしまうかも…共同生活が出来ない・苦痛を感じてしまう子になってしまうのが一番の恐怖でした。


まず毎日声を掛け、姿を見せて人間に慣れてもらうこと。キャリーケースにゴハンを入れておき、キャリーに慣れてもらうこと。自らこちらに来ることがなければそっとしておくこと。そして大きな声や追うことはご法度としました。



sketch-1593925915109

しかし3匹いた子猫はある時から2匹しか姿を見せなくなり、あの子の身に何かが起こったことを知らせていました…



DSC_0557
居なくなってしまった2号(仮)😭

どこへ行ってしまったの…


保護にあたり、感情を押し殺さねばならないと心に誓っていたのですが、母猫の周りをコロコロと転がる2号(仮)の姿が目に焼き付いており、胸が張り裂けそうです…😭😭😭



DSC_0547

一番ワンパクで逃げ足が早いキジ白の1号(仮)と



DSC_0587

お母さんのニャンちゃんそっくりの3号(仮)は元気に姿を見せてくれています。



早く保護しなくては…焦る、焦る…!


でも母猫が育児放棄をしてる訳でもない子猫を引き離すのは簡単なことではありません。



sketch-1593925918415

第一相手は野生です。


ニャンちゃんはだいぶ触らせるようになったとは言え、イザとなれば信じられない力を出すと思うし、子猫だって甘くみてはいけません。


我が母も高齢ですので、まずは自分を第一に考えてもらいたい…



sketch-1593925920967

そうこう言っていた矢先にキャリーケースに置いたゴハンを食べに、子猫が入ったそうです。


それを数日放っておいたある日、中で子猫が微睡んでいるのを見た母は



sketch-1593925923616

なんの気なしにケースの扉を閉じたそう。



sketch-1593925926427

予想外のことがあっさりと成し得てしまい、パニックになる母…💧



sketch-1593925929149

子猫はキョトンとしていたそうです。


直ぐに母からの電話でこの状況を説明され、実家の使っていない部屋を一部屋明け渡し隔離すること、トイレやゴハンの用意と隠れることが出来るようにダンボールにタオルを敷いた物を用意することをお願いし、急に慌ただしくなりました。ちなみにオモチャは無しです。目を離した間の誤食を防止するためです。代わりに爪とぎを用意してもらいました。



sketch-1593925931930

時は夕暮れ、老眼著しい私は夜の運転は控えているため、明朝に実家に行くことに。


その間、生後2ヶ月くらいの子猫をオペしてくれる動物病院を調べたり、持って行くものを準備したりしておきました。(我が家は常に女の子ばかりなので体のことを思い、生後半年を目安に手術してもらっています。…自論ですが💧)


子猫たちは部屋の物陰に隠れ、うんともすんとも言わないと母が心配していたので、『急に母猫の姿が見えなくなって心細いんだと思う。とにかく今夜はそっとしておいてあげよう』と言うことに。



sketch-1593925934796

実家にはかえでが居るので、接触しないよう部屋の前にはバリケードを設置してもらい、とにかく夜が明けるのを待ちました。(かえでは実家のドアを開けるのは御茶の子さいさい💧)


やっと夜が明け、早く行かねばと用意をしていると電話が鳴りました。


母でした。嫌な予感がして話を聞いてみると



sketch-1593925937693

なんとせっかく保護した子猫を放したと言うじゃありませんか!



sketch-1593925940435

これはただ事ではない事が起こったと察知しました💦


続きは明日!








ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~