かえでが帰ってこないまま迎えた夜。


外を自由に闊歩していた時は大概夕方までにパトロールを終え、夜は自宅で眠るのが常でしたが、20時になっても帰ってきません。



sketch-1594301916537

かえでには有り得ないことだったので心配になり、外を探しました。


ご近所さんに迷惑なのでなるべく息を潜め、小声だけど気持ちだけは大声で名前を呼びます。



sketch-1594301920088

するとさすがかえでです。どこかへ隠れることもなく、ちゃっかりお隣の給湯器のてっぺんで形勢有利を誇示していました。



sketch-1594301923639

しかし名を呼んでもシロッと見るだけで動こうとしません。



sketch-1594301927043

私じゃダメなんだろうと思い、母にも声を掛けてもらいましたが微動だにせず💧


母は連日のニャンちゃん関連の騒動で寝不足もあり、休んでもらいたいのでこれ以上は加勢してもらうことをやめました。


追われたりすることもなく自宅そばに居ることは分かったので、様子を見ることに…



1594302239871

でも、なんで自分の家なのに帰れないのか?


それは外にかえでの匂いがないからじゃないだろうか?そこは確かに見慣れた家なのに、他人の匂いしかしない庭に戸惑っているのでは?


そう思い、挙句



1594288548147

帰れない=捨てられた


という答えを導き出しているのではないか?


そう言えば背中に哀愁があるような…めっちゃ元気ないように見える!きっとそうに違いない!!



sketch-1594301932370

さあ大変です!


ここはかえでの家ですよ!そう伝えるにはどうすれば…



sketch-1594301935205

そんな時は使用済みトイレ砂〜!


かえでの匂いがたっぷり付いたトイレの砂を撒いて存在をアピールすることに。



sketch-1594301938237

庭の植え込みやポストの下などに少し撒いておき、玄関に至ってはちょっと盛って、悪鬼退散ならぬかえで歓迎祭りwww



sketch-1594301941723

これで大丈夫!と大口を叩いて母を安心させ、眠りにつきました。


しかし本当に大丈夫かは賭けでしかありません💧第一そこまで勇気を振り絞って戻ってきたかえでを迎えてあげるには、寝てしまったら気付いてあげられない💦


到底眠れる訳もなく、不安な時間を悶々と過ごしていました。間もなく何やら小声で叫ぶ声が聞こえてきました。



sketch-1594301945178

母が階段下で『かえでが帰ってきた!』と言っていたのです。


飛び起きてダイニングに行くと、かえでがいつも通り『ゴハン食べるから見て!』と言って待っていました。


母に話を聞くとやはり心配で眠ることが出来ず、なんの気なしに窓を開けたら首輪のすずの音が聞こえ、名を呼んだら暗闇から走ってきたそう。きっとどこかで窓が開くタイミングを伺っていたのでしょう。



sketch-1594301948427

かえでが帰ってきました😆😆😆


こんな出来事で改めて分かったかえでというかけがえのない存在。


この件で反省すべきは、外猫に関心を注ぎすぎたこと。本来かえでのことをもっと考えてあげなくてはならなかったのです。あっち立てればこっち立たず…力加減がマジ難しい💦💦



sketch-1594301951852

リセットボタンがある猫だろうと、飼い猫のくせに抱かせない猫だろうと、我が家の大切な家族。


母を見守り生きる張り合いになってくれてるかえで。最近撫でさせてくれるようになった頭をグリグリと撫で、愛しさを伝えました。



DSC_0665

ご機嫌でメシを食らうかえで。はぁ、本当に良かったよ〜💦


ちなみに使用済みトイレの砂が功を奏したのか、ただ単に外に飽きて帰ってきたのかは分かりません。でも効果は全くのゼロではないと思います。


猫は視力はあまり良くないそうで、一番頼りなのはやはり匂いだといいます。自分の匂いがない所には恐怖を覚える動物です。


病院に行くなどで怖がっている時、いつも使っているブランケットや大好きなおもちゃなどをキャリーケースに入れてあげると少し落ち着くというのと同じで、


もし家から脱走してしまったと言う時、使用済みトイレの砂はかなりの有効な手段だと思います。



DSC_0671

はあ、やっぱり家で食べるミオはうまいわ。


あんた、なに与えてもそれしか見向きしないもんね…😅


久しぶりにうまいメシを家で食べられたかえでさんなのでした🤭










ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~