実家の猫

子供がいない夫婦にコウノトリが運んできたのは三匹の猫でした。
血の繋がりはないけど、ちゃんと家族のカタチが出来ました♪

やる気スイッチ






実家のかえではごはんを食べるところを見せたいマイスター。



sketch-1565931756952

視線だけで人を動かす術を知っています。



sketch-1565931761354

目が合うとシメタと言わんばかりに誘導し



sketch-1565931764411

器の前でスタンバイ。



sketch-1565931767462

いつものことなので見てあげます。食べるなら早く食べちゃってほしい。



sketch-1565931770550

しかし最近眺めるだけで物言いたげ。



sketch-1565931773784

何回も繰り返すことなので、お腹はいっぱいなのかも…無理して律儀に食べなくていいんだよと背中をナデナデしてやると



sketch-1565931777009

急ききったように食べ出しました。



sketch-1565931780104

様子を見てると食べるのをやめて、何かを要求するような態度…



sketch-1565931783381

もしかしてナデナデしてもらいながら食べたいの❓


戯れにナデナデしてやるとお尻を高くあげながらゴロゴロ言ってごはんを食べる。止めると食べるのをやめる。


つまりかえでは背中にフードファイトのスイッチがあるらしい…


さんざんナデナデしてもらってお腹いっぱいになったかえでさんなのでした~😆








ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~





























危険な我慢大会






言いたくない、でも絶対言わずにはいられない言葉『暑い』


言ってもしょうがないし、言われた方も嫌だろうと思うけど、つい出ちゃう言葉『暑い』


確か7月中には寒くてホットカーペット点けたこともあったハズ。そんな自分を逆恨みするほどの暑さに肉体的にも精神的にも参りそう…


だというのに



sketch-1564713497729

ケモノが廊下で行き倒れ。



sketch-1564713501559

好んでこんな所にいやがる…階段の上がりっぱなだから邪魔だし心配だから、見かける度に声を掛けるのですが



sketch-1564713504742

毎回メンチ切られます。



sketch-1564713508060

何度言っても分かってくれないし、一緒にいたらこっちが危ない。


数分後強制収容しようと思い、一時離脱します。



sketch-1564713511326

しかし気付けば一時間経っていました。慌てて様子を見に行くと



sketch-1564713514681

同じ場所で両手足を天井に向け、微動だにしない猫が居たんです。



sketch-1564713517968

はい、アウト❗
救急隊を要請します。(かえで抱っこは母にしかできませんww)



sketch-1564713521299

母はいとも簡単にかえでを抱え、クーラーの効いた部屋に運搬。



sketch-1564713524444

やっぱり暑かったようで、運がいいのか悪いのか、ハゲたお腹を床に付け涼を求めるのでした。


我慢大会もほどほどにしてください❗








ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~































パニックかえで






実家に行くと、トンネルマンに対してのリセットを実行したかえでが



sketch-1564103221015

いつまでも訝しげに遠巻きに眺める光景が続いていました。



sketch-1564103227643

それがどうしたことか、距離を取っていたかえでがトンネルマンの方向めがけ、ダッシュしてきたのです。



sketch-1564103230751

いきなり走って向かって来られたトンネルマンはビックリしたようですが、かえでの目的はトンネルマンの背後にあった窓。


どうやら来訪があったようです。



sketch-1564103233689

訳が分からないトンネルマンに通訳をしてあげました。



sketch-1564103236644

ボディランゲージは上昇する一方。軽やかなステップを来訪者に披露しています。


こっそり盗み見するとキョトン顔した白い猫がいました。



sketch-1564103239698

かえではノリの悪い来訪者にシビレを切らし、弾丸のように弾かれ室内を激しく疾走。



sketch-1564103242848

しかもかえでは自分で窓を開けて逃走する癖があります。もしこの状態で外に出て、あらこんにちは、ご機嫌いかが❓となるわけはない。


私が実家に来た時は、かえでの脱走防止のために有無も言わさず全ての窓に施錠するのでかえで出られず。ならば二階だと階段かけ上がって行ったけど、ベランダからダイブはさすがに出来ない。


つまり



sketch-1564103246264

外に出ること叶わず、敵と一戦交えることも叶わず、イライラ絶頂となったかえでは無駄に出ちゃったパワーを消費するのでした😂


バターにでもなりたいのかと思ったよ🤣








ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~

























あれから10年






10年前、かえでは野良猫でした。



sketch-1562465380115

経緯はわかりませんが生後半年は人と関わらず、もちろん帰る家も持たず放浪していたと思われます。



sketch-1562465388906

ある日根城にしていた倉庫から、後ろにある住宅地に足を踏み入れました。


そこで庭弄りをしていた高齢者を見かけたのです。



sketch-1562465393033

何をしているのかな


子猫だったかえでの好奇心が、高齢者に熱い視線を送ります。


その視線に気付いた高齢の女性が



sketch-1562465399607

草むらにいた子猫に、当たり前のように声を掛けました。



sketch-1562465403494

その言葉が



sketch-1562465407041

それまで人が恐怖の対象でしかなかった子猫の心を動かしました。



sketch-1562465410848

母とかえではお互い一目惚れでした。



sketch-1562473593617

その時家には既に二匹の猫たちがいました。


同居していた私が思い描いていたのは、16歳のにゃむと、11歳のとののストレスない老後生活。しかし若い子猫が加われば穏やかどころか大騒ぎとなります。


第一母は既に高齢、私もいつ家を出るかは時間の問題。そんな中で今から子猫❗❓バカ言っちゃいかん❗❗


私は猛反対しました。



sketch-1562465418328

しかし母の気持ちはガンとして動きません。



sketch-1562465422044

そこで出した条件は『子猫の責任は一切がっさい母の責任』でした。


結局なんだかんだと私に移行するのは目に見えていたので、防衛対策でした。



sketch-1562465425910

その時の母の喜びようったらなかったです。


子猫が飼い主を自分で選び、その人に望まれてここの飼い猫となったのです。


かえでと名付けられた子猫は、人嫌いを遺憾なく発揮し、その後逸話をたくさん残しながら現在に至ります。



sketch-1562465429935

そしてにゃむを虹の橋のたもとに送り、二年前にはとのが旅立ち、三匹いた猫はかえでひとりとなりました。


愛猫が旅立つたびに、悲しみに暮れる母に寄り添うように支えたかえでは、以前より更に母を慕い、母も側にいてくれるかえでを頼りとし、信頼関係は10年の間に間違いなく築かれてきました。




sketch-1562465433981

かえでは母を必死に守ろうとし



sketch-1562465437878

そして母はかえでにありったけの愛情を注ぐ… 



sketch-1562465441794

この持ちつ持たれつの関係が私には優しく見え、あの日反対してもガンとして譲らなかった母のワガママは、この日この時こう感じるための伏線だったのだと今思う…



sketch-1562465445875

歳を取るのは人も猫も、命あるもの皆同じ。


今現在も互いを想いながら生きていることに、感謝せずにはいられない…





正直、母に何かあったらかえでをどう迎えるかとか、あれをどうする、これをどうするという問題が山積しています。でもまだ二人がこうして笑顔でいてくれるのを見ると、そんな問題なんてことないと思えます。


甘いのは十分承知しています。本当はどんどん処置や処理をしていくべきなのかも知れません。でもそうしたくない気持ちがあるのも確かです。


もう少しだけ、二人の時間が暖かく穏やかに続くことを祈るばかりです。







ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~






















甘くない猫






前回はすずめを捕らえたかえで。
その時の記事はこちら
↓↓↓



sketch-1561862938954

根に持つこともなく、あっけらかんと出迎えてくれたのですが、やはり私は他人らしく



sketch-1561862942345

肌寒い夜には主人である母の膝に乗るんです。



sketch-1561862945952

でも母はかえでが膝に乗ると態勢を変えられなくなるので、乗られるのを嫌がるのです。


そんな母の膝に乗りながら私に視線を注ぐかえで。



sketch-1561862949173

戯れにこっち空いてますよとアピールしてみました。



sketch-1561862952484

分かったのか偶然なのか、母の膝から降りて…



sketch-1561862955607

何を考えているのかまっすぐこちらに向かってきました。



sketch-1561862958807

自分ちの猫なら『来たの~』なんて抱き上げますが、相手はかえで…ひたすら耐えます。



sketch-1561862962020

ソファの隣に来たのでもうひと押し。これで乗ってくれたら言葉を理解してると思っていいと思います❗



sketch-1561862965317

しかし両手を膝に乗せるに留まりました。



sketch-1561862970089

ある意味言うことを理解した上でのヘビの生殺し的対応。


さすがかえでと色んな意味で見直したある梅雨の夜なのでした😁💨💨







ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 




人気ブログランキング 



読者になってね



フォローしてね





それではまたお会いしましょうペコリ~






























読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ
  • やる気スイッチ